どれぐらい働くのがお得?

 実は2つある税の壁

そろそろ働こうか!という時、「扶養内で働く」というお考えの方も多いですね。しかし、この「扶養内」について誤解されている方も多くいらっしゃいますので今回はちょっとお知らせしておきたいと思います。
まず、「扶養内」というのを詳しく説明すると、配偶者控除(ご主人の所得税を計算する時に38万円控除される)を受けられる妻の年収が103万円なので、この範囲内で働き、ご主人がしっかりと配偶者控除を利用するということ。ただし、103万を超えると0になるわけではなく、段階的に減り141万円で控除額が0円になりますので、そこは誤解のないようにしていただきたいと思います。また、控除なので税金を
38万円払わなくていいわけではなくて課税対象から38万円が外れるだけです。
また、働くにあたってはもう一つ、社会保険料(労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険)の支払いがあります。これは、給与が130万円を超えると、ご自身が給与の中から自分で社会保険料を支払うことになるので、手取り収入は減ることとなります。この、言わば2つの壁が存在しますので気をつけてください。

「生涯年収」で考えてみて下さい。

実は、大きいのは1 3 0 万円の壁。厚生年金は最低でも月5000円は掛かると思われます。また国民年金の保険料は月1万5 5 9 0円、両方で
月2万円、年間24万円の保険料負担が発生してしまうことになります。

●収入が130万円なら、保険料負担ゼロ
●収入が135万円なら、保険料負担24万円(年)

しかし、あくまでも「保険」に入るので、失業や育児休業の時には保険料を受け取ることができますし、老後は国民年金の他に厚生年金を受け取ることができるようになり、長くなってきている老後の生活の助けになることは確かです。扶養内で働かないと働き損をする!と思っている方も多いようですが、ご主人の収入や会社の手当等によっても変わりますし、老後の年金まで考えると生涯年収としては決して損にならないこともあります。自分自身にとって本当の壁はどこなのか、会社の制度や源泉徴収票などを確認して、正しい情報を集め判断していくのがおすすめです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            【コラム著者】
じゅうmadoアドバイザー 永谷政喜
一般社団法人地域住宅産業活性化協議会のじゅうmado岡崎のスタッフとして、住宅販売に偏らない家づくりのご相談に応じる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校では学ぶことはないけれど家庭を持つと不安や疑問に感じる「お金」「子育て」「住宅取得」について中立な立場で情報提供し、気軽に学べる場を提供。「みんなの学校
TEL:0564-64-0608 HP:http://kurashi-kyoiku.com/